2021年106冊め

フィフティ・ピープル (となりの国のものがたり1)

50人の登場人物のエピソードが少しずつ交差していく本。これは誰だったっけ?と行きつ戻りつしながら読んでいたからずいぶん時間がかかったけど、読んでよかった。どんな集団にも小さな権力を持つことで周囲の十人、百人を苦しめる人間がいるって文章にハッとした。


非正規職員の図書館司書だったキム・ハンナさんのエピソード、シュークリーム先生の自分が幸運だと感じながら「遠くに石を投げるリレー」をするように生きるって考え方には元気が出た。

2021年105冊め

ダメ女たちの人生を変えた奇跡の料理教室

しばらく少しずつ読んでいた。コストコみたいな業務用スーパーで一見便利な食品を大量購入しては余らせたままになったり、それで自己嫌悪に陥ったり、料理に苦手意識を持っていてそれで家族のパワーバランスまでいびつになったりしている人が料理のレッスンを受けて変わっていく話。


柚木麻子さんの本にもあったけど、自分で作って食べると自分が変わる。私のためにも家族のためにも、簡単なものでいいから作っていけたらいいな。

2021年101冊め

失われた賃金を求めて

私たちにはことばが必要だ もそうだったけど、あまりにも正論すぎて、そういえばあの時も、あの人も、と辛くなってしまう記述が続いて、下駄をはかせる人やはいている人こそ読むべきなのにって思った。

2021年100冊め

さらに、やめてみた。 自分のままで生きられるようになる、暮らし方・考え方 (幻冬舎単行本)

結婚してから一度も夫のワイシャツのアイロンがけなどしたことなかったし、夫のワイシャツがピンとしてるかしわくちゃかとかも考えたことすらなかったけど、気にする人はするんだなあと思った。