2021年50冊め

けむたい後輩 (幻冬舎文庫)

病院の待ち時間に読んだ。


柚木麻子さんの本の自分は特別な女の子だと思っている子が全然特別じゃないって気付いていく描写がおもしろい。入院中にもたくさん読めたらいいな。


193ページ「自らの手でつかみ取らなかったものなんて、いずれ意味も価値も失うに決まっているのに」